【シノアリス】グレーテルと赤ずきんの物語ネタバレ!憎悪編2章を解説&考察

スポンサードリンク
Pocket

【シノアリス(SINoALICE)】の憎悪篇ネタバレ&考察ページです。グレーテル(ヘンゼル)と赤ずきんの2章は、2人のクロスストーリーとなっています。シノアリスキャラクターの中でも、とりわけ人の話を聞かない子たちがエンカウントしましたが・・・ひと悶着あるのでしょうか?

第二章一節のストーリーネタバレ

グレーテル憎悪篇

【シノアリス】グレーテルのストーリーネタバレ!憎悪編1章を解説&考察

ある日の森の中、赤ずきんは少女に出会った。

幽鬼のようなその少女は、首を抱えてふらふら歩いていた。

「あなたがころしたのですか?」

「兄様・・・」

「首だけ持ち歩くなんて、素敵です!」

目を輝かせた赤ずきんは 自分も首が欲しいと駄々をこねました。

ーゲーム本編より引用ー

【戦闘中の会話】

(・ω・赤)「僕も首を持ちたい!持ちたい!」

( ゚Д゚グレ)「やめっ・・・触るな!」

戦闘中に、こんな感じの会話が発生しました(笑)赤ずきんが兄様の首を欲しがるのですが、当然ながらグレーテルは拒否します。そして珍しく声を荒げました。なんかグレーテルがかわいい。

第二章二節~五節までのセリフ

スポンサードリンク

【赤ずきん】ボクもあの首がほしい。あれはとっても「おしゃれ」だから

【グレーテル】兄様、私です。あなたの愛しい妹です。誰より愛した妹です。

【赤ずきん】一緒に首で遊びたい。投げて打って叩いて蹴って。目玉をはじいて遊びたい。

【グレーテル】兄様兄様。喉から血が出るくらい叫んでも まだまだその名を呼びたりない。

第二章六節~九節までのセリフ

【赤ずきん】あの子は首とおしゃべりする。ずるいな、さみしいな。ボクも仲間にいれてほしい。

【グレーテル】お願い兄様。意地悪しないで。ごめんなさい兄様。謝るから、許して。

【赤ずきん】あの子はとつぜん泣きだした。首をかかげて、ふりまわして。あれは何という遊びかな。

【グレーテル】兄様兄様。あなたを殺した私を まだ、許せないのーーー?

ーゲーム本編より引用ー

第二章十節のモノガタリ

兄様、兄様、応えてください。私が悪かったのです。私があんな事さえしなければ!

少女は地べたに這いつくばって 半狂乱で叫び続ける。

「愚カナ人間ヨ。楽ニシテヤロウ」

目の前に現れた不死の兵士は、憐れみを持って 武器を振り上げる。

その手を、赤ずきんはさくりと 斬り落とした。

私は私が私で私の私が あんな事をだから兄様が 怒ってきっとそうだわだから 兄様は私を私の存在を 私という人間を許して兄様

「あの子、こわれちゃったの?」

「最初カラ壊れていたのデス」

「なーんだ・・・つまんないの・・・」

壊れたおもちゃに興味はないと 赤ずきんは口を尖らせて ライブラリの森へと消えていく。

残されたのは狂った少女ただ一人。

ーゲーム本編より引用ー

▽グレーテル&赤ずきんのモノガタリ第3章ネタバレはこちら

【シノアリス】グレーテルのストーリーネタバレ!憎悪編3章を解説&考察

モノガタリの考察&感想

グレーテルと赤ずきんの温度差が激しいですね((+_+))

兄様からの返事がなく、自分を責めて泣きだすグレーテル。その一方で、それを何かの遊びだと勘違いしている赤ずきん。場面を想像すると、結構ひどい絵面になりますね。誰か漫画にして、ピクシブにアップしてくれないかな・・・

そしてよく見ると、9節~10節にかけてグレーテルが正気(?)に戻っていますね。正気に戻ったというか、一時的に記憶を取り戻したというか・・・大事な「兄様」を殺したのは自分だと懺悔し、その結果半狂乱になっています。

ただ、この展開っていろいろと引っかかる部分がありますよね。衝動編の最初で、グレーテルは兄様と会話をしていました。しかし、なぜか次第に声が聞こえなくなり、憎悪編では兄様の声が聞こえなくなっているのです。

単純に「妄想は長続きしない」ということなのか、それとも他に理由があるのか・・・

グレーテルのシナリオは型破りというか、ストーリーの基本を無視した部分が多いので、かなり考察が難しいです((+_+))

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA