【シノアリス】グレーテルといばら姫の物語ネタバレ!憎悪編4章を解説&考察

スポンサードリンク
Pocket

グレーテル(ヘンゼル)といばら姫の憎悪篇4章をネタバレ&考察しています。4章はクロスストーリーなので、2人の会話を楽しみたいところですが・・・前回、号泣していたヘンゼルは、立ち直れるのでしょうか?

第四章一節のストーリーネタバレ

グレーテル憎悪篇

【シノアリス】グレーテルのストーリーネタバレ!憎悪編3章を解説&考察

泣き叫ぶ声で、いばら姫は目を覚ました。

ーーああ、なんて迷惑。

文句の一つも言ってやろうと、泣き声の主の元へ走ってみれば。そこには、愛しい妹の首を抱えて泣きじゃくる兄の姿がありました。

「ごめんね。ごめん、僕が拒まなければ良かったんだ」

いばら姫がどんなに呼びかけても ヘンゼルは涙を流して叫ぶだけ・・・

ーゲーム本編より引用ー

第四章二節~五節までのセリフ

スポンサードリンク

【グレーテル】妹は僕を愛していた。僕も妹を愛していた。でも、その愛には違いがあった。

【いばら姫】虚妄は白昼夢の中に。私は穏やかな眠りの中に。互いに互いを尊重しましょう。

【グレーテル】妹の愛は、肉欲だった。それこそ僕を「食べたいほど」 彼女は僕を愛していた。

【いばら姫】ぶつぶつと呟きながら 機械的にナイトメアを倒す人。安全装置にちょうどいいかも。

第四章六節~九節までのセリフ

【グレーテル】だから僕は 彼女を 竈に。

【いばら姫】戦いは狂った人にお任せで。私は睡眠時間を確保する。ぐうぐう、すやすや、いい感じ・・・

【グレーテル】肉が焼ける音。血と油が弾ける音。竈の中で妹が、ごうごうと燃える音。

【いばら姫】思い出したように叫びだすヘンゼルのせいで 浅い眠りから現実へ。勝手に戦ってくれるのは便利だけれど 睡眠妨害は我慢の限界なのでした。

ーゲーム本編より引用ー

第四章十節のモノガタリ

「もう、戦うなら 静かに戦って!」

「グレーテル・・・グレーテル・・・」

「突然叫びださな」

「あああああああ・・・あああああああああ!」

はあ、とため息をつくいばら姫。その背後にナイトメアが現れました。

「ちょうど良いわ。眠りを邪魔されてイライラしてたの」

八つ当たりのいばらの棘が ナイトメアに向かって伸びていく。姫の怒りを表すように 棘は太く鋭く無数に生えた。

ぐちゃぐちゃになるまで。骨を砕くまで。ヘンゼルは敵を斬り叩く。

許しておくれと泣きながら。自分が殺した妹の名を 叫びながら。

さて一方。八つ当たりをして すっきりしたいばら姫は 新たな寝床を探し求めて歩き出す。

虚妄のヘンゼルと睡眠のいばら姫。それは出会いですらなかったお話。

ーゲーム本編より引用ー

▽憎悪編5章のネタバレはこちら

【作成中】

モノガタリの考察&感想

ヘンゼルがグレーテルを殺した理由は、どうやら貞操の危機を感じたためらしいです(汗)

文章を深読みすると、二重の意味で食べられそうになっていたのかもしれませんね。「食べたいほどに愛していた」とあるので・・・この辺の解釈については、まだ微妙です。

それにしても、ヘンゼルのストーリーは不明な部分が多いですね。私もきちんと考察できていない状態です_(:3 」∠)_

ジョブストーリーを読むと、ヘンゼルとグレーテルは魔女の家を脱出した後、両親に虐待されたとあります。その中に「血だらけの床には、父親と母親と・・・見たこともない少女の死体」とあるので、私はここでグレーテルが死亡したと思っていたんですよ。

しかし、これだとつじつまがあいません。グレーテルが竈で焼き殺されたなら、骨しか残っていないはずなので・・・ジョブストーリーに出てくる「少女」って誰の事?という疑問が残りました。誰かわかる人がいたら、教えてください(泣)

【8/22追記】

コメント欄に、訪問者様が考察を書いてくれました!私よりも考察がしっかりしていて説得力もあるので、ぜひ読んでみて下さい(^^♪

他の人の考察を読むのって、勉強になるしすごく面白いですよね。自分にはない視点で書かれているコメントも多いので「なるほど!」といつも驚かされます。何より、こんな小さいブログでも読んでくれている人がいて、コメントまでしてくれるというのが一番嬉しいです(問い合わせフォームから直接コメントを送ってくれた方も、ありがとうございました!ちゃんと読んでるので、安心してくださいね♪)

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









6 件のコメント

  • ジョブストーリーはナイトメアと同じで、ライブラリの中の本の一つのお話……とある違う自分の話なのではないでしょうか

  • 名無しさんへ
    なるほど!そう考えると、つじつまが合いますね。
    グレーテルだけじゃなくシンデレラも、メイン
    ストーリーとジョブストーリーに微妙な違いが
    あったのですが、名無しさんの説明なら納得が
    いきます。
    教えて頂いてありがとうございます(^^♪

    管理人:情報屋より

  • ひとつの体に、別の結果を迎えたヘンゼルとグレーテルが入っているのかな、と思っています。
    だから両者の想いは間違っていないけど、決して交わることがない

    だとしたら肉体の性別はどちらとも取れますね

  • 匿名さんへ
    コメントありがとうございます(^^♪

    >ひとつの体に、別の結果を迎えたヘンゼルとグレーテルが入っているのかな、と思っています。

    その発想はなかった・・・!よく考えたら、その設定でも成り立ちますね!
    匿名さんを含め、みなさんの考察がすごくてビビり気味です(汗)

  • 今更かもしれませんが。
    グレーテルの憎悪篇3章の4節〜6節にかけて、
    『私は 竈に魔女を 押し込めて。』
    『…それを 私は竈から見ていた。』
    『私は 私を助けた。私は 私に助けられた。』
    とあります。そして憎悪篇の4章9節には
    『肉が焼ける音。血と油が弾ける音。竈の中で妹が、ごうごうと燃える音。』
    とあります。ここにはここで殺した、とは書いていませんのでそれらから推察するに、一度は身に降りかかる恐怖から、兄は妹を竈に押し込んで殺してしまおうと考えましたが、やはり殺すのを躊躇ったヘンゼルはグレーテル竈から救い出し、彼女を連れて一度家に帰ります。けれどもやはり貧困から両親にヒステリーを起こされ虐められて追い出されそうになってしまう。居場所を守る為に両親を殺したヘンゼルは自身を『食べようと』する妹の存在も怖くなり、結果妹も衝動的に両親と共に殺してしまう。こう考えたらモノガタリ本編のシナリオとブレイカーのジョブストーリーのシナリオが繋がるのではないかなと思います。なので憎悪篇3章の4節〜6節の本当の意味は
    『私(兄)は竈に魔女(妹)を押し込めて。』
    『…それを私(グレーテルに成り代わってる今のヘンゼル)は竈から見ていた。(これは前文やこの頃まだ自分をグレーテルと混同してるからそこから推察したら妹の視点の話かなと。)』
    『私(兄)は私(妹)を助けた。私は私に助けられた。』
    になるのではないかな、と。本当に今更感強くて申し訳ないです&長文失礼しました。

  • 通りすがりさんへ
    こんにちは。コメントありがとうございました(^^♪
    「今更」だなんて、とんでもないです。私はコメントを貰えてすごく嬉しかったですし、考察を読んで「ああ!なるほど!」と思う部分が多々ありました!
    通りすがりさんの考察なら、ジョブストーリーと本編がキレイにつながりますよね。推理力にも驚かされましたが、考察が詳しくて読むのが楽しかったです。素敵なコメントを下さってありがとうございます(*‘∀‘)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA