【シノアリス】アリスの章ネタバレ!憎悪篇1章まとめ【考察】

スポンサードリンク
Pocket

ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】のストーリー内容を解説しています。今回は「アリス」第一章(憎悪篇)のセリフについてまとめました。「憎悪篇」は「衝動篇」の続きにあたるモノガタリなので、衝動篇を読んでいない方はまずこちらから読むことをおすすめします。

※盛大なネタバレを含むので、閲覧の際にはご注意くださいませ!

第一章一節|ストーリーネタバレ

アリスネタバレ

【シノアリス】アリスのストーリーネタバレ!第1章の考察&解説

アリスの行く手に影が揺らいでいる。ふわりふわりと、まるで世界に留まる事を 躊躇うかのように 現れては消える。その瞳には何も映っていない。その口は何の音も出ていない。

ギシンとアンキは騒ぐ。あれはゴースト。この世界に未練を残す 悪霊だ。

刀を抜く。同類だ。あのナイトメアと、私は。アリスは唇を強く 噛み締めた。

ーゲーム本編より引用ー

第一章二~五節|アリスのセリフ

アリス

二節

亡霊の叫びが空間を支配する。引き裂かれる音は、痛みか。それとも、怒りか。

三節

タスケテタスケテタスケテタスケテ。届かない声は誰の祈りだろう?タスケテタスケテタスケテタスケテ。

四節

私が手に入れたいモノと 私が失うモノは 同じ価値があるのだろうか。

五節

本当は逃げ出したい。吐き出しそうになるその言葉を 無理やり飲み込んだ。

ーゲーム本編より引用ー

第一章六~九節|アリスのセリフ

スポンサードリンク

六節

傷口から泥のような血が流れる。まだ生きている証。まだ戦わなくてはいけない現実

七節

もう、私達に縋れる希望はない。

八節

判っていた筈だ。知っていた筈だ。こうやって苦しむ事を。

九節

誰も彼もが目を逸らしていた。この私も、同じだ。

ーゲーム本編より引用ー

第一章十節のモノガタリ

本

【シノアリス攻略まとめ】総合値の上げ方からネタバレまでサクっと解説

ゴーストは叫びだした。初めはただ耳障りな音を 出しているだけだったが、次第にその音は言葉へと 形を変えてゆく。

コワイヨ、タスケテ、ママ。

行き場を失くして泣いていた。呆然とするアリスに、アンキが囁く。「倒さないと終ワリませんよ?」アリスは知る。もう、逃げ場など無いという事を。

知ってしまった。ナイトメアにも自我がある事を。殺してしまった。罪なき存在であったのに。人形達の声がライブラリ空間に響く。

「デモ、殺さないト」「ソウデス。ここはそういう世界デスから」「覚悟はデキテますか?」「勇気ハありますカ?」

アリスは答えず、素早く刀を振るった。床にたたきつけられた 血が一筋の線となり、彼女の行く先を示していた。

▽アリスのモノガタリ第2章(憎悪篇)のネタバレはこちら

【シノアリス】アリスの章ネタバレ!憎悪篇2章まとめ【考察】

考察&ネタバレ感想

アリスの精神に100のダメージ!きっつい展開になってきましたね(汗)

ライブラリ世界には今回みたいなゴーストもいるようです。「全てのナイトメア=憎むべき敵」ではなく、敵意ゼロの相手もいるという事ですね。そうなると、マトモな思考回路のアリスは苦悩してしまいます。

ところで、アリスって戦闘漫画なら必ず1人はいるタイプのキャラですよね。「女性や子供は切りたくない」「敵意の無い相手には剣を向けない」という、紳士的なタイプだと思います。

そして、この手のキャラは死亡フラグが立ちやすいという特徴を持っています。あ、でもアリスは主人公補正という強い武器を持っているので、多分大丈夫です(笑)

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA