【シノアリス】アリスのストーリーネタバレ!第2章の考察&解説

スポンサードリンク
Pocket

ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】のストーリー解説をしています。今回は「アリス」のストーリー第2章についてまとめました。最悪の物語を、(頭が)最悪な管理人が紹介していきます。

【注意点】

※1・ネタバレ・考察・感想を含むのでご注意ください!

※2・このページを読む前に、下の記事を読んでおくと内容が理解しすくなります。

「シノアリスってどんなゲーム?」

【シノアリス】アリスのストーリーネタバレ!第1章の考察&解説

【第二章一節】ギシン&アンキは黒幕の手下?

アリスネタバレ

奇妙な人形達の声が聞こえる。

「キキキ・・・愉快愉快デス・・・」「囚われていますね」「作者を助ければ全てが終わると」「信じていマスネ!」

自覚していた。ただ、答えの無い虚空で 彷徨う事に耐えられなかったのだ。だから、私は戦う。たとえこの願いが

束縛と呼ばれる感情の化け物だろうとも。

2章1節の戦闘中、アリスとギシン&アンキ(ナビキャラ)の3人による会話が発生。「この戦いが無意味だとしたら・・・」と呟くアリスに対し、ギシンとアンキは「私たちは約束を守りますよ」「作者を復活させますよ」と弁明。

▽ギシンとアンキ

ロード地獄

ここまでのストーリーをまとめると、アリスや他の主人公達に「他のキャラを滅ぼせば作者を復活させる」という条件を出したのはギシン&アンキだという事になりますね。ギシンとアンキは、どうやらはただのナビキャラではないようです。

アリスは「お前たちが一番信用ならない」と吐き捨てるものの、ギシンとアンキはいつものように「フフフッ」と笑うだけ・・・

なんだか裏がありそうですね。案外、ギシン&アンキが黒幕なのかもしれません。もしくは、ギシン&アンキの裏でさらに糸を引いている人物がいる可能性もあります。このゲームは「お約束」が多いので、多分後者ですかね。

【第二章二~四節】ストーリー解説

スポンサードリンク

1章と同様に、2章も独白→戦闘→独白→戦闘・・・の繰り返しによりストーリーが進みます。という訳で、さっそくアリスの独白を見ていきましょう。

理解されないだろう。この想いは。私は歪んでいる。私は歪んでいる。それだけは知っている。

彼に逢えなくてもいい。彼に愛されなくてもいい。そこに、生きていてさえくれれば。

不覚にも胸キュンした・・・!アリスが一途でかわいい。

失い続ける痛みと代償が、私がまだ戦っている事を知らせてくれる。

ーゲーム本編より引用ー

【第二章五~七節】ストーリー解説

救われたいとは思っていない。ただ、あの人さえいてくれれば。

どうしてこんなに不安なんだろう。どうしてこんなに寂しいんだろう。

自分も世界も間違っている。

私がクリア済みのキャラクターは、ピノキオ・シンデレラ・かぐや・スノウの4人ですが、この中で唯一アリスだけは「自分は間違っている」という事に気づいています。やはり、アリスは常識人枠のようですね。

【第二章八~九節】アリスの望みとは?

夢想する。ある日の幸せを。幾多の屍を乗り越えて手に入れた 優しい光の平穏を。

願いを叶えてしまったら・・・私はどうなってしまうのだろうか。

ーゲーム本編より引用ー

【第二章十節】

そうだ。繰り返される物語の輪廻の中で、私は孤独だったのだ。永遠に続く壊れた世界。

その中に差し込む一条の希望が 作者による救済だったのだ。 既に死した人間を生き返らせる事が 世界の理に逆らっている事は知っている。だが、構わない。もう、私は全てを失ってしまっているのだから。

亡霊が叫び声を上げながら消えてゆく。痛みと怨嗟の残響が、ライブラリ世界の中に広がって消えた。

「殺してスッキリデスよね?」「デモいいの?本当に良イノ?」

黙れ。騒がしい人形達に剣を向け、伝える。せめて呪いの魂が消えるまで。ギシンとアンキはその顔に 汚れた笑みを貼り付けたまま ゆっくりと存在を消していった。

ーゲーム本編より引用ー

▽3章ネタバレはこちら

【シノアリス】アリスのストーリーネタバレ!第3章の考察&解説

考察&ネタバレ感想

ギシンとアンキがアリスを煽る(泣)アリス視点だと、この2人は「汚れた笑み」に見えるようです。

それにしても、ゲーム開始前と開始後ではアリスの印象が大分変りました。私だけかもしれませんが、もっと冷静なバーサーカーキャラを予想していたので(笑)そしてアリスの独白を聞いていると、結構切なくなります。

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA