【シノアリス】かぐや姫の章ネタバレ!憎悪篇1章まとめ【考察】

スポンサードリンク
Pocket

ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】のストーリー解説をしています。今回は「かぐや姫」のストーリー第一章(憎悪篇)についてまとめました。「憎悪篇」は「衝動篇」の続きにあたるモノガタリなので、衝動篇を読んでいない方はまずこちらから読むことをおすすめします。

ネタバレ・感想・考察を含むので、閲覧の際にはご注意くださいませ!

第一章一節のストーリーネタバレ

かぐやのモノガタリ

次から次へと現れるナイトメアに、

かぐや姫は容赦なく 武器を突き立てます。

ーーーああ、弱い。

弱くて弱くて嫌になる。

あなた達に、私を虐める資格はありません!

ーーーああ、ソウだ。ワタクシ達だってこんなーーー

ふと聴こえてきた声は空耳?

それとも誰かの木霊でしょうか?

微かな予感が、かぐやの豊かな胸をざわめかしました。

ーゲーム本編より引用ー

第一章二~五節のセリフ

二節

私は、私の意志でここにいる。作者の復活を求めてここにいる。

三節

私を虐めてくれる存在を 心焦がれるままに探し求めて。

四節

卑猥で淫らな妄想が 体の奥から湧き上がる。

五節

淫靡で卑しい衝動に 体が勝手に動き出す。

第一章六~九節のセリフ

スポンサードリンク

六節

どうか、この肌に鞭の痕を。どうか、骨まで達する傷跡を。

七節

どんなに愚か望みでも、それは私自身の想い。

八節

登場人物には 登場人物の想いがあると 気づいたのはいつからかしら?

九節

今、わたくしが生きる物語。そこに出てくるナイトメア。あなた達にもーーー意志はありますか?

第一章十節のストーリー内容

ずるりと闇の中から 這い出た強そうな影に かぐや姫は頬を赤らめます。

ああ、あの糸にぐるぐるに巻かれて 8本の足で グサグサと突かれて 鋭い牙でムシャムシャと捕食されたらーーー考えるだけで堪らない!

さあ、クモさん!私を食べてくださいな!歓喜を持って投げかけたその言葉に、ナイトメアの体が震えました。

「ああ、そうだ。私はーーー蜘蛛だった」

かつて蜘蛛であった事を思い出した ナイトメアに、かぐや姫は期待しました。

知性があるなら 言葉があるなら 意志があるなら そして力があるのならーーー 私を虐める資格は十分です!

けれど、そんな期待は 姫の力の前では 儚い塵と消え。残されたのは火照った躰と 持て余さ虚しさのみ だったのです。

ーゲーム本編より引用ー

▽かぐや姫のモノガタリ第2章(憎悪篇)のネタバレはこちら

【シノアリス】かぐや姫の章ネタバレ!憎悪篇2章まとめ【考察】

考察&ネタバレ感想

作成中

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA