【ごめん、愛してる】主題歌「Forevermore」の歌詞の意味は?和訳すると?

スポンサードリンク
Pocket

ドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌「Forevermore」って、すごくキレイなバラードですよね。さすがに、宇多田ヒカルさんが作詞作曲した作品なだけあるな・・・と思ったのですが、そこで気になるのが「歌詞の意味」です。切ない雰囲気のバラードで、ドラマの内容的にもピッタリな曲ですが、どんな意味が込められているのでしょうか?

今回は、「Forevermore」の歌詞やタイトルの意味について考えてみました!

『ごめん、愛してる』ってどんなドラマ?

好き

『ごめん、愛してる』は2004年に韓国で放送された恋愛ドラマです。7月9日から日本で放送されるのは、そのリメイク版となります。韓国では最高視聴率29.2%を記録した大人気ドラマでした。

  • 放送日時:7月9日 21時~
  • 放送局:TBS系 日曜劇場

▽ドラマのあらすじ

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

引用元:http://www.tbs.co.jp/gomen_aishiteru/story/

主題歌「Forevermore」の意味は?和訳すると

スポンサードリンク

タイトルを和訳してみた

主題歌「Forevermore」は、日本語だと「万劫末代」「未来永劫」といった意味があります。なんだかロマンチックですね!

因みに、「Forevermore」は、なんと宇多田ヒカルさんがドラマのために書き下ろした完全新曲です。曲はユーチューブの下記リンクから視聴することができます(ただし一部のみ)

➡ 日曜劇場 『ごめん、愛してる』CM

ドラマのための書き下ろしとなると、歌詞とドラマの内容がリンクしている可能性もありますが・・・今までの宇多田ヒカルさん曲を考えると、そこまでガッツリリンクさせないような気もするんですよね。難しいところです。

実は「SAKURA ドロップス」も書き下ろしでした

TBSといえば、2002年のドラマ『First Love』の放送時にも宇多田ヒカルさんの曲を使用していましたよね。実は、この時に使用された「SAKURA ドロップス」も彼女の書き下ろしでした。

この主題歌について清水真由美プロデューサーは「『ごめん、愛してる』というドラマの世界観をより大きく広げることが出来る強いテーマソングってどんな曲だろう?と純粋に悩みました。今回、宇多田ヒカルさんにご快諾いただけて、本当に理想的キャスティングだと思っています。リクエストはただひとつ、“2010 年代を代表するラブソング”でした。出来上がった曲を聴いて、大きくて深くて切なくて、本当に想いが通じた気持ちになりました。是非、ご期待ください」とコメント。

引用元:http://www.tbs.co.jp/gomen_aishiteru/news/#song

ネット上では一時期、「主題歌はTOKIOが歌う」なんて噂が流れていましたが、宇多田ヒカルさんに決定しました。

Forevermore」の歌詞

前置きが長くなりましたが、ここから歌詞の意味について考えていきます。ひとまず、歌詞をさらっとおさらいしてみましょう。

確かな足取りで家路に着く人が
溢れる大通りを避けて
壊れたイヤフォンで耳を塞ぎながら
あなたの名を呟きかけた

あなたの代わりなんて居りゃしない
こればかりは裏切られても変わらない

愛してる 愛してる 薄情者な私の胸を
こうも絶えず締め付けるのはあなただけだよ
Oh oh, others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでも いつまでも いつまでもそうよ

友達は入れ替わり 服は流行り廃る
「私」を私たらしめるのは
染み付いた価値観や 身についた趣味嗜好
なんかじゃないと教えてくれた

私の終わりなんて怖くない
もしかしたら生まれ変わっても忘れない

愛してる 愛してる 一人きりが似合う私を
今日も会えず 泣かせるのはあなただけだよ
Oh oh, others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでも いつまでも いつまでもそうよ

恋の痕もいつまでも いつまでも
最後の瞬間を待たずどうもこれだけは言える
Forevermore…

愛してる 愛してるそれ以外は余談の域よ
愛してる 愛してるのはあなただけだよ
Oh oh, others come and go
But you’re in my soul forevermore
いつまでも いつまでも いつまでもそうよ

引用元:アルバムより

「forevermore」歌詞の意味を考えてみた

ドラマの為に作られた曲なので、先にふれた通り、歌詞はドラマの内容とリンクしていそうですよね。しかし、歌詞に登場する「私」が誰なのか・・・今の段階では謎です。裏社会で生きる主人公を指しているとも考えられますが、他の登場人物でも当てはまりそうです。

「私の終わりなんて怖くない」や「最後の瞬間」という歌詞がヒントになりそうですが・・・

因みに、「私を私たらしめる」や「いつまでも」という言葉が入っているあたり、結構ヘビーな曲ですよね。しかし、重苦しい雰囲気はなく「愛してるそれ以外は余談の域」と言い切っているのが潔いです。

個人的には、そもそも、なぜ「私」が「壊れたイヤフォン」で耳を塞いでいたのかという点も、疑問でした。聞くたびに疑問が浮き出てくるという状態ですが、そこがこの曲の良いところなのかなと思います。

※もっとガッツリ考察したかったのですが、一歩間違えて妄想になると批判されそうなので、今回はこの辺でやめておきます(+_+)もっと詳しくて良い考察ができたら、追記していきます。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA