【おんな城主 直虎】歴史オンチのネタバレ感想!隠し子問題が気になる…

スポンサードリンク
Pocket

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』のネタバレ感想となります。好きな登場人物&名シーンについて愛を叫びつつ、井伊直親の隠し子問題についてもいろいろ考察してみました♪

城主でおんな?歴史オンチがドラマを見たきっかけ

ネタバレ感想

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』ですが、まずタイトルがいいですよね!私は歴史オンチなので、正直この直虎さんという方は存じ上げていなかったのですが、さすがに「城主」という言葉自体は知っていました。

「城主・・・ってお城の主、要は殿様のことだよね?え、殿様が女の人?そんな事ってありえるの?」と歴史オンチの私でもまんまと食いついてしまいました(笑)

実際のところはどうなんでしょうか?実は男の方だったという説も出てきていますよね。

例えば男だったとか女だったとか、そういう記述のある文献が見つかったとしても、何らかの事情で嘘を書いている可能性もなきにしもあらずで、正確なことは分からないです。女の方が城主だった、という前提で歴史を見てみるのもありだと思います(実際に、武家の女性って強い方が多かったらしいので)

好きな登場人物と名シーンは?

空前絶後のかっこよさ!但馬の名場面

個人的には但馬が一番好きです!直虎を裏切ったふりをして実は陰で支えているとか、かっこよすぎです!

味方から裏切り者と嫌われながらも味方を助けるなんて、本当に素敵です。こういう影の活躍者っていいですよね。本当にかっこいいです。

ずーっとクールな表情だったくせに、直虎に裏切りのふりをして領土を守っていた真意をあばかれた時にちょっと動揺するシーンは、人間らしくてかわいらしかったです。

直虎みたいな上司がほしい

あとは和尚様もいいですよね。 知恵がないと悩む直虎に「足りぬ知恵なら借りてはどうか?」というところは、ナイスアドバイスです。 でも、和尚様のいう通りですよね。

別にお殿様なのだから、「考えを申せ」とか「いうとおりにしろ」とか「よきに計らえ」とか威張って言うだけでいいのに。

それでは自分に価値がないみたいな考えなのが、直虎の良いところです。威張ってるだけのワンマン城主より、こういう色々悩み深い城主の方が人間味があって、家臣に好かれる所以かもしれません。

井伊直親に隠し子が登場!今後のストーリーに影響するかも?

第20回で、直虎の亡き婚約者の井伊直親に隠し子が登場しましたね。 隠し子登場で、直虎と井伊直親の奥さんのしのさんが、急に仲良くなりました。 共通の敵(?)の登場で「昨日の敵は今日の友」の状態です。

おそらく、天国の井伊直親は展開をハラハラして見ていたことでしょう(笑)調子のいい方みたいなので、恐らくこんな心境かと思います。

「うわ、隠し子ばれた~」

→「あれ、おれ悪者みたいになっちゃってる?」

→「奥さんと直虎仲良くなってるじゃん」

→「いやいや、俺のおかげで2人が仲良くなってよかったね」

・・みたいに思っているかもしれません!

今後は、盗賊の方がキーになってきそうですね。城主と盗賊の友情(?)が物語をどのような方向に進めるのか、今後の展開が楽しみです!

▽直虎のネタバレ感想記事

【おんな城主直虎】大河ドラマ歴10年の私が本気で考察!名シーンといえば?

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA