【おんな城主直虎】大河ドラマ歴10年の私が本気で考察!名シーンといえば?

スポンサードリンク
Pocket

10年間大河ドラマを見続けた私が、『おんな城主直虎』を本気で評価してみました!配役やキャストの演技力について、考察していきます(ネタバレありなので注意!)

柴咲コウの演技は下手?主演抜擢の理由を邪推

城

もともと、大河ドラマをここ10年は欠かさず観ているのですが、去年の『真田丸』が面白すぎて今年は正直期待していませんでした。「2発連続では当たらないでしょ!」と思っていたので(笑)

それに、柴咲コウという女優さんの顔や声は大好きでCDも聴いたりしてますが、演技があまり好きではなく、しかも井伊直虎自体有名ではないし、単に『信長協奏曲』の帰蝶役で着物がよく似合ってるから時代劇に採用されたんじゃないの?とまぁ、最悪なことを思っていました。

演技が上手で主演に抜擢されそうな女優は他にもいるので、邪推してしまいました。とはいえ、キャストを全体的に見れば、マッチした配役なので、最近では「柴咲コウが主演で良かったかも」と思っています。

子役「新井美羽」を見た瞬間・・・!?

第1回は子役さんからスタートでした。これがよかったと思います。子役の新井美羽ちゃん。幼名は“とわ”なんですけれど、この子がかわいい!

この子の登場で知らない歴史上の人物の話から、朝ドラのような応援したくなる女の一代記を観るという方向に意識が変わりました。

脚本がいいのか、次回を早く観たくなる話の流れとナレーションも深刻な話が続いても、明るい声質なので暗くなりすぎず、「つづく!」と爽やかに終わりパッと場面が切り替わって予告になりタイミングも抜群です。1回目からグッと心を掴まれました。

各俳優の演技力は?名場面まとめ

スポンサードリンク

先に柴咲コウが好きじゃないとか散々言っておいてなんですが、このドラマは配役が良いと思います。ここでは、各俳優の演技について感想を書いていきます。

春風亭昇太&浅丘ルリ子

今川義元の春風亭昇太、寿桂尼の浅丘ルリ子、瀬名姫に菜々緒などみんな魅力的です。春風亭昇太は笑点ではにこやかなキャラクターですが、このドラマでは威厳に満ち溢れた恐ろしい存在ですし、浅丘ルリ子はその母としての威厳と誇らしさ、女性ならではの痛いところを突いてくるあたりを演じるのがスゴイ!

この前、今川義元の妹が武田信玄の嫡男義信に嫁いでるんですが、義信が信玄に幽閉されて同盟の証の妹も離縁されたところで、病に伏せっていた寿桂尼が床から復活する場面なんて死にかけていたのに表情がみるみる変わっていくさまは圧巻でした。

菜々緒

菜々緒は最近悪女キャラが定着して、怖い女のイメージがついていることもあり、いい役に当たったと思います。このドラマでも気が強いので。

しかし、夫である松平元康(阿部サダヲ)が桶狭間の混乱の中一人岡崎に帰り、妻である瀬名と子供は今川に置き去りにされた場面では、その印象に変化がありました。

怒るどころか諦めて自分の運命を受け入れようとしたり、直親が窮地に追い込まれ直虎が助けを求めに行った場面では、迷いながらも毅然と直虎を追い返すところが子供を守らないといけない立場でとても切なかったです。この人こんな気の弱い面もあるんだと驚きました。

矢本悠馬&田中美央

皆さん井伊直親役の三浦春馬や小野政次役の高橋一生にばかり注目してますけれど、私は中野直之役の矢本悠馬、奥山六左衛門役の田中美央の二人の方が最近いいなと思っています。

特に直之は最初は女の領主は認めていなくていちいち盾突いて言葉も乱暴だし、印象が悪かったんですが、直虎を思う領民の男たちの言葉を聞いて変わっていきます。相変わらず口は悪いのですが、ものすごく強いです。

第15回「おんな城主対おんな大名」の直之は、直虎の命を狙ってきた今川の刺客を先に矢を打って次々倒し、姿を見せたと思ったら残った他の刺客を今度は刀で全員倒してしまうのです。このシーンはとても格好良くて録画を何回も観ました。大好きな回です。

六左衛門は、優しく武芸にも秀でてないのでせめて田植えででも役に立ちたいと直虎に申し出てきます。そのシーンが切なくて涙が出ました。

そのあとも揉めている場面では仲介役をしていたり、正直者で顔に出るところから隠し事が出来ず、政次にすぐ話してしまうシーンは引きつった顔が面白くて癒されます。毎回この二人のそれぞれのやり方で直虎を支えてるのが微笑ましく、観るのが楽しいです。このドラマで一番好きなのは直之で次は六左衛門です。

▽こちらの記事もおすすめです

【おんな城主 直虎】歴史オンチによる感想!隠し子問題が気になる…

ロケ地「龍潭寺」に行ってみた感想

5月の連休に浜松の龍潭寺へ行ってしまいました。龍潭寺は古いお寺で庭園がきれいでした。直虎のお墓も見たのですが、近くまで入れず遠くからしか見れなかったのが残念でした。

井伊谷は浜松駅からバスで一時間ぐらいかかるところにあり、山深いところでした。けれど寒くなく過ごしやすかったです。気候の良いところだと思いました。

毎週毎週楽しみで早く日曜日が来て欲しいと思っています。今は問題はありますがまだ落ち着いているので、これからもずっと二人が出続けて欲しいと思っています。

あまり知らない人物だからこそ史実もあまり知らないので、時代劇という見方より現代劇を観てるような感覚になるドラマです。

 

▽他のドラマも考察してみた

【女囚セブン考察】黒幕は誰?安達祐実が真犯人ぽいけど、結末はどうなる?

ドラマ『リバース』の犯人は?原作を読まずに超推理してみた

ドラマ【母になる】の結末は?「もし自分だったら」を考えて泣く人続出

※よろしければ、あなたの感想もお聞かせください。コメント欄に、感想や予想を自由にお書きくださいませ♪

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA