『累-かさね-』が実写映画に!メインキャストは土屋太鳳と芳根京子

スポンサードリンク
Pocket

マンガ『累-かさね-』の実写化が決定しました!2018年に映画が放送される予定ですが、主人公である「累」の役は誰が演じるのでしょうか?このページでは、実写化の情報をお届けしていきます。

※8月5日キャスト情報更新。メインキャストは美人女優に決定しました!

マンガ『累-かさね-』が2018年に実写映画化!

「累」12巻の発売日は?無料で読む方法とネタバレ感想を紹介

女性の美醜がテーマの漫画『累-かさね-』が、2018年に実写映画化されることになりました!

単行本10巻が発売された時には、渋谷駅などでリアルなポスターが掲載されていましたね。

上の告知ポスターに映っているのは、モデルの玉城ティナさんですが、実際の映画では土屋太鳳さんと芳根京子さんがメインキャストを務めます。

 

メインキャストは土屋太鳳と芳根京子

スポンサードリンク

キャスト(配役)は誰?

【主演女優】

・土屋太鳳=ニナ&ニナと顔を入れ替えた累

・芳根京子=累&累と顔を入れ替えたニナ

超美人な女優2人が、メインキャストに決定しました!このキャストなら、原作ファンの皆さんも納得ですよね?

しかし、原作のストーリーを考えると、累とニナの役を演じる2人には相当な演技力が要求されます。というのも、上の配役を見ればわかるように、それぞれが2人のキャラクターを演じなければならないためです。どんな映画になるのか今から楽しみですよね(^^♪

原作者「松浦だるま先生」の反応は?

因みに、原作者の松浦だるま先生は、キャストが公開される前から「土屋太鳳さんに演じて欲しい」と思っていたそうです。というのも、電車内の広告で口紅を塗った土屋太鳳さんを見て、惹きつけられたそうです。

関連:松浦だるま先生の顔や性別は?小林 銅蟲が元アシスタントって本当?

『累-かさね-』原作のあらすじ

口紅

『累 -かさね-』漫画の最終回はどうなる?考察からラストを予想(ネタバレあり!)

原作マンガの『累』は、どのようなストーリーなのでしょうか?漫画のあらすじと主人公の生い立ちについて、少しだけ見ていきましょう。

主人公は醜い容姿の少女

原作のストーリーは、主人公の女の子「淵 累(ふち かさね)」の小学校時代から始まります。

生まれながらに醜い容姿をしていた累は、外見のせいで人並みの幸せも望めず、幼少期から暗い生活を送っていました。学校ではいじめにあい、優しかった母親はすでに他界する・・・という、悲しい境遇の中で生きてきました。

しかし、そんな累にも夢があったのです。その夢とは、女優になること。

累の母親「淵 透世(ふち すけよ)」は、「伝説の女優」と呼ばれた美しい女性であり、娘である累も女優として活躍することを夢見ていたのです。

「口紅」によって少女の人生は激変する

とはいえ、累の容姿では舞台に上がるどころか、人前に出る事すらはばかられます。

そんな中、累は母親の形見である「口紅」のことを思い出すのですが・・・この口紅により、彼女の人生は激変していくのです。

なぜなら、この口紅には他者の顔を奪うという不思議な力があったからです。

原作マンガでは、成長した累が口紅の力で美女の顔を奪い、「女優」として生きる様を描いています。

【おまけ】キャスト公開前のみんなの反応

  • 累実写化か。女優さんが大変やな。素の累・ニナの累・咲朱の累の3人の女優で同じ人物、段階はあれど同じ狂気を表現しないといけないわけで。演技力がすごくいるね。

  • 累の実写映画化もの凄くキャスト気になる。累役は誰やるんだろう。一人何役だよって感じ。

  • 「累(かさね)」は大好きな作品だけど、実写化と言われるとつまらないアイドルホラー映画になる気しかしなくて複雑な気持ち。

  • 累実写映画化??映画映えしそうな作品だしいいと思うけど累役どうするん……

    引用元:https://twitter.com/search?q=%E7%B4%AF%E3%80%80%E6%98%A0%E7%94%BB&src=typd

ツイッターのコメントを見ても、やはり皆さんが注目しているのはキャストでした(笑)まあ、原作ファンなら100%ここが気になるでしょう。無事にメインキャストが決まったので、皆さんも安心したのではないでしょうか?

【累-かさね-】実写化まとめページに戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA