「FX成功者」にはなぜ金持ちが多いのか?貧乏人が不利な理由とは

スポンサードリンク
Pocket

FXしかり、株式しかり。「投資は金持ちじゃないと勝てない」という意見がありますが、これって本当なのでしょうか?確かにテレビなどを見ると、富豪が投資で稼いだという話を見かけますよね。今回は、その理由についてお話しします。

FXは金持ちしか勝てない?

FXなどの投資は金持ちじゃないと勝てないと言いますが、結局、金持ちは資金がたくさんあるのでマーチンゲール法が使えるから勝てるのですか?

FXってお金持ちが勝てるゲームといいますが・・・

この勝てるっていうのはお金が豊富にある方が確率的に勝つことが可能と捉えていいのでしょうか??

もしくは少額では出来ない特殊な方法があり、必ずお金持ちが勝てるようになっているのでしょうか??

結論から言うと、「金持ちだからFXに勝てる」という訳ではありません。お金があっても無くても、やり方を間違えれば損をするだけです。

ただし、お金持ち特有のメリットは存在します。

お金があると、金銭的にもメンタル的にも、余裕のある取引ができるのです。これだけ聞いても「どいういう事?」と思う人が多いでしょう。

という訳で、ここから先は「金持ち特有のメリット」について詳しく解説していきます。

金持ちが余裕のある取引をできる理由

FX取引には、メンタル面が大きく関係します。今まで利益を出してきた人でも、メンタルが不安定になった結果、大きな損失を出してしまうというケースが少なくありません。

では、メンタル面が安定しているのはどのような人たちでしょうか?

まず、「元々気持ちに余裕がある人」が考えられますよね。そして「お金に困っていない人たち」もメンタル面が安定していると考えられます。簡単に言うと、富豪が有利なのです。

なぜ富豪が有利なのかというと、彼らはまとまったお金を持っています。そのため、ちょっとやそっとの損失では不安を感じません。つまり、投資で失敗しても対して困らないのです。失敗しても、他の分野で稼げるので気持ちに余裕ができる訳ですね。

逆に、収入源がFXのみだと、儲けにくい時期や損失が続く時期には、メンタル面が揺らぎやすいでしょう。お金持ちが100%儲かるというワケではありませんが、お金持ちの方が安定したトレードをしやすいのです。

貧乏人がFXで失敗しやすい理由

ここで、貧乏人と富豪の「トレード状態」について想像してみましょう。それぞれ、どのような状態でトレードをするのでしょうか?

◆お金がない人の場合

まずはお金がない人のトレード状態について考えてみましょう。投資資金に余裕が無いため、ちょっとした相場の動きでロスカットされる可能性がありますよね。また、数回の取引だけでゲームオーバーになる可能性もあります。そうなると、メンタル的にはあまりいい状態とはいえません。

常に相場の動きが気になり、「突然の暴落が起こったらどうしよう・・・」なんて考えに頭の中が支配されるでしょう。この状態が長く続くと、冷静な取引ができなくなります。現役トレーダーなら、覚えがあるのではないでしょうか。

◆お金持ちの場合

次に、お金持ちのトレード模様について考えてみましょう。投資資金に余裕があるため、ちょっとやそっとの相場変動には動揺しません。よほどポジションを多く持たない限りは、ロスカットもされにくい状態でしょう。そのため、相場が不利な方向に動いたとしても、元の状態に回復するまで「待つ」ことができます。余裕をもち、落ち着いたトレードができるでしょう。

2つのケースを見比べてみて、あなたはどのような印象を持ちましたか?普通に考えれば、お金持ちの方が有利にトレードできますよね。お金持ちが絶対に儲かるとは言えませんが、そもそもスタートが異なるのです。さらに言うと、お金は「お金持ちの元に集まりやすい」ものです。そう考えると、FXを始める前にある程度の余裕資金を確保しておきたいところですよね。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA