「誰に食わせてもらってるんだ」を丁寧に言うと妻はデレる!?夫婦ケンカをしても一瞬で仲直りする方法

スポンサードリンク
Pocket

定期的に起こる、夫と妻の言い争い。そんな時、旦那さんは頭に血が上り「誰に食わせてもらってると思っているんだ」なんてセリフを言ってしまうこともあるでしょう。

こんな時、言い方を変えるだけでケンカをストップすることができるのです。では、どんな言い方をすればいいのでしょうか?この章では、夫婦がケンカしても仲直りできるための秘訣(?)について紹介します。

「誰に食わせてもらってるんだ」を丁寧に言えばOK

難しいことではありません。ただ、先ほどの「誰に食わせてもらってると思っているんだ」という言葉を、丁寧に言うだけ。簡単ですよね?

▽こんな感じで言えばOKです。

「鴨島の宗教へようこそ」さんのツイートが非常にわかりやすいです。

そうなんですよ。こんな言い方を旦那さんにされたら・・・キュンとしますよね(笑)

「え、私のため・・・?じゃあ、我慢しようかな」みたいな思考になるかと思うので、互いに譲歩できます。少なくとも、私はそれ以上何も言いません。和解できるって素晴らしいですよね♪

ただし、このセリフを多用すると「毎回そんなこと言って、ごまかしてるんじゃないの!?」みたいな展開になる可能性もあります。まあ、ケンカの内容次第ですが・・・

ここぞという時に、使いたいセリフですよね♪

とりあえず、見下されている感じや召使扱いされている感じはしないので、怒りがダウンする女性は少なくないでしょう。男性の中には、「妻=召使=ご飯を作る人」くらいの認識しかない人もいますので。

▽人と喧嘩になりそうな時、こちらの記事もおすすめです

「能なし母は開き直る。能ある母は頭を下げる」の絵に絶賛!

言葉って大切ですよね。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA