「累(実写版)」丹沢ニナ役のビジュアルは?原作と比較してみた

スポンサードリンク
Pocket

『累-かさね-』の実写映画では、朝ドラ女優として有名な土屋太鳳さんが「丹沢ニナ」の役に抜擢されました!ニナは超美少女という設定なので、土屋太鳳さんならピッタリあってますよね。今回は、原作と実写版の「丹沢ニナ」のビジュアルを比較してみました。果たしてシンクロ率は高いのでしょうか?

※若干ですが、原作漫画「ニナ篇」のネタバレを含みます。また、8月6日現在ではキャスト画像が公開されていないため、加工による「ビジュアル予想図」を代わりに掲載しています。

『累-かさね-』の丹沢ニナってどんな子?

ニナ役比較

引用元:http://natalie.mu/comic/news/243450

写真の左側は、ニナ役を演じる土屋太鳳さん。右側が、原作漫画『累』の丹沢ニナですね。どっちも美女オーラがすごい(*‘∀‘)

『累』に登場するキャラクター「丹沢ニナ」は、女優を目指している超美女です。とても美しい外見を持っているものの、とある理由から今まで女優として成功することができませんでした。

その理由とは「病気」です。ニナは「眠り姫症候群」という病気にかかっていて、自分の意志とは関係なく、突然眠ってしまうことがあります。そのため、いつも寝不足で演技に集中できず、美貌を持ちながらも今まで無名の存在だったのです。

医者からは「成人までに治る病気」と言われていましたが、20歳で再発してしまい、おまけに累(というか羽生田)の第一ターゲットにされた薄幸の美女。

女優としての実力はありますが、累には遠く及ばず、羽生田には「人並程度には優れた女優」と評されていました。

▽詳しいネタバレはこちら!

『累 -かさね-』原作漫画の最終回はどうなる?考察からラストを予想(ネタバレあり)

土屋太鳳のプロフィールと映画コメント

スポンサードリンク

松浦だるま先生の顔や性別は?小林 銅蟲が元アシスタントって本当?

土屋太鳳のプロフィール

次は、ニナ役を演じる土屋太鳳さんについて見ていきましょう!

朝ドラ女優としても有名な方で、名前もちょっと変わっていますよね。当然芸名だろう・・・と思っていましたが、どうやら本名らしいです。「たお」って可愛い名前ですね(^^♪

【プロフィール】

本名 土屋 太鳳
生年月日 1995年2月3日(22歳)
出生地 東京都
身長 155 cm
血液型 O型
職業 女優

引用元:Wikipedia

身長は155センチとやや低めで、一時期は激太りしたという話も出回っていましたよね。個人的には、あれだけ可愛ければ多少太っていても大丈夫だと思いますが・・・

ニナ役についてのコメント

演技というものは、実は普段の生活の中で、どんな人も繰り返していると思うのです。理想と現実を埋める方法だったり、思いを伝える手段だったり。でもそれが本当の自分を隠すためのものならば、しあわせに決して辿り着けない闇の魔法のようでもあります。「累-かさね-」が描くのは、その闇に手を伸ばす禁断の世界。そこに何があるのか、監督はじめスタッフの方々、キャストの方々と一緒に思いきり堕ち、確かめたいと思います。そして女優として、「累-かさね-」の闇に酔いしれたいと思います。

引用元:http://natalie.mu/comic/news/243450

最後の「闇に酔いしれたい」というセリフがめちゃめちゃ格好いいですね!惚れてしまいそうです(*´Д`)

▽メインキャスト情報はこちら

『累-かさね-』が実写映画に!メインキャストは土屋太鳳と芳根京子

ニナのビジュアル比較!原作と実写の違いは?

ニナのビジュアルは現時点(2017年8月6日時点)では公開されていません。しかし、ビジュアル公開が待ちきれないので勝手に予想写真を作りましたビジュアルが公開されるまでは、実写版ニナ(予想図)と原作漫画の比較画像を掲載しておきます。

※素人による画像加工なので、本職の人や加工写真が嫌いな人はブラウザバッグをお願いします。

ビジュアル(予想図)の比較画像

原作漫画の「ニナ」と「累」は、髪の色が違いますよね。累の黒髪に対し、ニナの方は白(金髪?)で描かれています。という事は、実写映画のニナも黒髪ではなく、茶髪か金髪あたりだろうと予想できます。

しかし、土屋太鳳さんはキレイな黒髪ですよね。という訳で、ちょっとだけ髪の色を変更してみました。

【before】

ニナ役比較

【after】

ニナ役比較②

上と下の写真を比較すると、やはり髪の色を明るくした方が原作のニナに近づくのかな・・・と思いました。下手な加工でごめんね!

本当は金髪バージョンも試してみたかったのですが、あまり加工しすぎるといろいろな方面から怒られそうなので、この辺で止めておきます|д゚)

まとめ

余談ですが、土屋太鳳さんといえば健康的なイメージが強い女性ですよね。一方、原作漫画のニナは度々いじわるそうな顔をすることがあります。そのため、土屋太鳳さんがニナ役に扮すると、どんな風になるのかとても気になっています。

あ、先に補足しておきますが、ニナは性格が悪いわけではありませんよ?時々えげつない表情もしますが、原作漫画を読む限り、根は良い子だと予想できます。両親思いなところや一途なところなどがある、かわいいキャラクターです。

とはいえ、累では女性の暗い内面が描かれているので、そのあたりを土屋太鳳さんがどのように演じるのか、今から楽しみで仕方がありません。早く映画を公開してほしい・・・!

➡「累」実写映画情報まとめページはこちら

 

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA